七五三

ご祈願(おはらい)

七五三詣は3歳の男女児、5歳の男児、7歳の女児が神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式です。

古くは3歳の「髪置」(それまで剃っていた髪を伸ばし始める)、5歳の袴着(初めて袴を着ける)、7歳の「帯解」(小袖に縫付けられていた紐を取り、初めて帯を締める)という習俗がありましたが、これらは公家や武家という、ごく限られた階層の間で行われていたものでした。

やがて時代が下ると共にこれが各層に広まり、江戸時代末には「十五日子供髪置、はかま著、帶解の祝ひ、諸所氏神へ參詣有、とりわき赤坂山王社…」(「増補江戸年中行事」享和3)、「…各あらたに衣服をととのへ産土神へ詣し…中略…永田馬場山王宮…中略…何れも今日神樂ありて賑へり」(「東都歳時記卷五」天保9)とあるように、11月15日に七五三詣として神社に参詣する風が定着しました。

当社では古例に倣い神楽を奏し、鈴の祓を行い、お子様の健やかなご成長と幸福をお祈りします。

ご祈願(おはらい) ご祈願(おはらい)

ご予約・お問い合わせ
日枝あかさかブライダルサロン
03-3502-2205