会場

招待人数や披露宴スタイルによって選択できるバンケットは3つ。「葵の間」は、親族のみの少人数のアットホームな会食に最適です。落ち着いた雰囲気で和やかな時間を過ごすことができます。56名まで着席できる「富士の間」は、間接照明やフローリングが、明るくやさしい雰囲気。自然光がそそぎ、開放感にあふれます。

120名まで利用可能なのは「末広の間」。最大の会場です。これらの会場からふたりにあった用途やイメージで選ぶことができます。
また、境内や館内は絶好の撮影スポットが点在。色鮮やかな朱色の社殿をはじめ、都心に在りながら桜や藤棚など豊かな自然あふれる絶好のロケーションの中、撮影が可能です。白無垢や豪華な打掛や振袖はもちろん、ドレスにも良く映えます。

  • 1最大120名まで着席できる「末広の間」は大人数の披露宴に。シックで落ち着きのある邸宅風の会場です
  • 23境内や館内などにある、絶好の撮影ポイントで絵になる一枚を

葵の間

少人数のアットホームな会食に最適なお部屋です。落ち着いた雰囲気で、楽しい時間をお過ごし下さい。

※テーブルプラン例 招待者24名様
60㎡(18坪)定員 : 26名様

富士の間

間接照明やフローリングが、明るくやさしい雰囲気を醸し出します。自然光溢れる開放的なお部屋は、和やかな披露宴を演出してくれます。

※テーブルプラン例 メインテーブル+円卓(8名様)6卓
120㎡(36坪)定員 : 56名様

末広の間

120名様までのご利用いただける開放的なお部屋は、自然光溢れる自由な空間。きっと演出の幅も膨らむでしょう。

※テーブルプラン例 メインテーブル+円卓(8名様)10卓
300㎡(90坪)定員 : 120名様

婚礼料理

心も華やぐ和食料理と共に
“幸せをもたらすおもてなし”を

つきじ植むら山王茶寮では
夫婦円満 子孫繁栄 御長寿 出世 栄達
お喜び・おめでたいを連想させる
お祝い婚礼料理を最上級の敬意・祝意をもって
ご用意させて頂きます
「日枝あかさか」では、老舗日本料理の繊細な味を存分にお楽しみいただけます

  • 吉祥の思いを込めて
    「色・香・味・美」の御祝い料理をお届けします
    祝福と感動の宴を皆様と共に
    「つきじ植むら 山王茶寮」
    三角総料理長

- 特別懐石料理 華やぎ -

つきじ植むら略歴

  • 昭和3年6月   創業
  • 平成19年11月 ミシュランガイド東京版にて「つきじ植むら本店」が二つ星を獲得

会席料理 夢殿

  • 厄除けとして南天和へ「難を転じ福と成す」 家内安全 招福
  • 牡丹…花の豪華さから裕福を表す
  • 翁…年をとった男性(長寿の象徴)
  • 家喜物は福を集める吹き寄せ風とし幸運富舟に盛り付けた信州黄金軍鶏・鰈・蒸し雲丹

彩り野菜をホワイトソースと白味噌を使ったオリジナル和洋ソースで共します。

袱紗 二つの物を合わせる、重ねる
鉄扇 末広と同様、末広がりでめでたい
鉄扇は骨が鉄製の扇で護身用に武士が身に付けた物 武運長久 勇ましさも表す
蕎麦 細く長く…長寿
羽二重 「餅」を使ってなめらかな食感にした品

会席料理 和らぎ

  • 赤子を抱く神猿の像より安産祈願・子孫繁栄となる子持ち昆布
  • 良いことが重なるようにと合鴨ロース重ね
  • 絹田満喜(反物は財宝)裕福に満ち溢れるなどの言葉を盛り込み

日本の祝事に欠かせぬ御造里は中とろ鮪・活車海老・真鯛・生雲丹の殻盛りと素材の味をお楽しみ下さい。

いくら 子が沢山 子孫繁栄 多産の象徴
養老蒸し 山芋を使った品で地下に根を深くはる事から地に足をつけた状態を表す
細く・長く・粘り強く生きる長寿の象徴
はす芋 蓮根の茎 沢山の穴があり先の見通しが良い

特選会席料理 華やぎ

  • 伊勢海老入りの御造里は見た目にもインパクトがあり、長寿の願い
  • フォアグラと鮑の茶碗蒸しには鮑に緑の栄達の意味があり芳醇で贅沢な味わい
  • ふかひれののった煮物の万頭には餅が入っていて(金持ち・力持ち・長持ち)健康・財産などに恵まれる
     ご縁が永く続くなどを願う 言語・色調豊かな料理となっております

子持ち昆布 子孫繁栄 多産 昆布は古名を「広布」(ひろめ)という事から喜びが広まる、お披露目するにかけている。夏昆布は古名を夷子女(えびすめ)ともいい恵比寿天に通じることから福を呼ぶとし「よころぶ」の語呂合わせである

成長が早く天に向かってまっすぐに伸びる常緑樹であることから長寿・生命力を表し縁起が良い、また節は節度の象徴
最初についていた殻以外は決してかみ合わない事から夫婦和合・貞節の象徴
鶴人参 亀甲椎茸 鶴は千年、亀は万年…長寿
百合根 いく重にも重なっている(福が重なる)
蕎麦 「和らぎ」・「華やぎ」のお食事は季節の変わり蕎麦となります。ご堪能ください。

1~2月 梅蕎麦
3~5月 蓬蕎麦
6~8月 茶蕎麦
9~10月 なめこ蕎麦
11~12月 柚子蕎麦